愛の劇場「ラブレター」・第46回〜第50回あらすじ:鈴木亜美主演!愛の劇場「ラブレター」のドラマ情報



スポンサードリンク

愛の劇場「ラブレター」・第46回〜第50回あらすじ

愛の劇場ラブレター」第46回あらすじ・2月2日(月)  
陸(坂本爽)の勤める病院に健太(渋谷武尊)が入院することになった。
海司(田中幸太朗)は美波(鈴木亜美)と陸に、真由美(木内晶子)と健太には初対面のふりをしてくれと頼むのだった。

愛の劇場ラブレター」第47回・2月3日(火)
美波(鈴木亜美)は、陸(坂本爽)に好きだと告白されてから陸は自分にとってどういう存在なのかずっと考えていた。
ずっと陸のことをいい友達だと思っていたが、好きだと告げられて以来、自分の気持ちが陸を恋人として考えられるのかどうか考え続けていたのだが、美波は今の自分の陸に対する気持ちを正直に伝えようと決める。

愛の劇場ラブレター」第48回あらすじ・2月4日(水)  
久しぶりに海司(田中幸太朗)は小豆島を訪れた。
家族や友人たちは海司の無事な姿を見て喜ぶが、海司は実家のオリーブ園を売ることにすると言いだす。
その訳はホストクラブの客に金を貸したまま逃げられて4000万円の借金を背負っているからだと言う。
家族や友人たちはあまりの海司の変り様に驚くのだった。

愛の劇場ラブレター」第49回あらすじ・2月5日(木)  
海司(田中幸太朗)は勝(長部努)ほか友人、知人に手当たり次第に借金を申し込んでいた。
美波(鈴木亜美)はそのことを知り陸(坂本爽)に伝える。
それを聞いた陸はそれはホストクラブの借金なんかではなく他に理由があるはずだと気づき海司に金を集めている本当の理由を問いただすのだった。

愛の劇場ラブレター」第50回あらすじ・2月6日(金)  
健太の入院は長引いていた。
美波(鈴木亜美)は心配して度々病院に見舞いに行くようになっていた。
そのうちに美波は、海司(田中幸太朗)がどのようにして真由美と健太と知り合ったのかそのきっかけを知らされる。
そのきっかけとは、5年前に美波の前から海司が姿を消したことと関係があるということだった!・・・
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。