愛の劇場「ラブレター」とはこんなドラマ!:鈴木亜美主演!愛の劇場「ラブレター」のドラマ情報



スポンサードリンク

愛の劇場「ラブレター」とはこんなドラマ!

愛の劇場「ラブレター」は美しい瀬戸内の島・小豆島を舞台に、聴覚障害施設で育てられ小豆島へやってきた少女・美波が
里親や友人、初恋の人・海司らとの出会いを通じて成長していく15年間の物語です。
忘れられない初恋や家族との絆をめぐる15年間を、瀬戸内海の島の美しい四季と風景とともに描いていきます。

幼い美波は海司と出会い手話を通じてですが、次第に心を通わせていき、恋を育んでいきます。
その過程で二人は「初恋」「初キス」「初体験」「すれ違い」「別れ」「再会」を経験していきます。
そんな中で、美波はいつしか「海司の声を聞きたい」と叶わぬ願いを抱くようになり、そんな美波に海司は「おれがお前の耳になってやる!」と誓うのですが、その約束を守るには、二人はあまりに幼すぎるのでした。
この作品ではその15年間を3部に分け、その主人公をそれぞれの世代の女優が演じ、それぞれの世代だからこそ演じられる初恋、そして真実の愛を細やかにに描いていきます。

主役の美波役は鈴木亜美(大人時代)、山下リオ(中高生時代)、松嶋友貴奈(小学生時代)がそれぞれ演じます。
鈴木亜美は昼のドラマは初主演であり、大人時代を演じる鈴木は11月から撮影に参加します。
小豆島での大型ロケはすでに始まっており、現在小豆島ではオリーブ植樹100年記念のお祭りの真っ最中なので島全体がこの撮影を盛り上げてくれています。

このドラマのポイントのひとつが手話なんですが、手話はろう者にとってかかせないものであり、喜び・悲しみ・怒りといったすべての感情、そして言葉にできない想いも手で表現しなければならず、手話だからこそ表現できるという点がその魅力にもなっています。

出演者は撮影開始の数ヶ月前から手話を猛特訓していて、今では日常会話も手話でやり取りができるまで上達したそうです。
美波の初恋の相手・海司は田中幸太朗(大人時代)、村上一志(中高生時代)、桑代貴明(小学生時代)が演じ、他の出演者としては井上晴美、粟田麗、布川敏和、左とん平などのベテランがが共演します。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。