愛の劇場「ラブレター」・第26回〜第30回あらすじ:鈴木亜美主演!愛の劇場「ラブレター」のドラマ情報



スポンサードリンク

愛の劇場「ラブレター」・第26回〜第30回あらすじ

愛の劇場「ラブレター」第26回あらすじ・1月5日(月)  
美波(山下リオ)は海司(村上一志)とうまくいかなくなって涙をみせるほどだった。
陸(井澤勇貴)は、そんな美波の姿に胸を締め付けられるような思いで、つい美波にキスをしてしまうのだった。
海司は美波を追って東京にやってきており、偶然にもそんな二人を見てしまった!
美波と陸の様子にショックを受けた海司は、小豆島に帰ってしまい、もう美波と連絡を取るのはやめようと決めるのだった。

愛の劇場「ラブレター」第27回あらすじ・1月6日(火)  
東京にいる美波(山下リオ)は、海司(村上一志)に毎日ファックスを送り続けていた。
しかし海司からの返事は帰ってこないのだった。
美波は、海司の誕生日に小豆島に帰り、海司と直接会って、陸とはなんでもないということを伝えようと決心した。
そして、そのことを千絵(宮澤佐江)に頼んでなんとか海司と連絡をとろうとするのだった。

愛の劇場「ラブレター」第28回あらすじ・1月7日(水)  
美波(山下リオ)と海司(村上一志)の距離が離れてしまってから数ヶ月経っていた。
美波はついに耳の手術の日を迎えることになるが、元はといえば、海司の声を聞きたいという想いで耳の手術をすることを決心したので、美波には頑張る目的が解らなくなってしまっていた。

愛の劇場「ラブレター」第29回あらすじ・1月8日(木)  
海司(村上一志)は小豆島から東京へ駆けつけ、美波(山下リオ)の手術に付き添うことにした。
美波は、耳の手術が成功して海司の声が聞けるようになるのが楽しみだった。
海司は、美波への気持ちを改めて確認し、陸(井澤勇貴)に対し必ず美波を幸せにすると誓うのだった。

愛の劇場「ラブレター」第30回あらすじ・1月9日(金)  
美波(山下リオ)が突然東京から姿を消してしまう。
海司(村上一志)は、美波が小豆島へ行ったようだという噂を聞き、島中を探し回るのだった。
しかし、心当たりを尋ねまわっても美波を見つけることはできないのだった!・・・
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。